現在地
トップページ > 消費生活

消費生活相談窓口「消費者プラザ」

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月31日更新

新着情報

現在、掲載されている情報はありません。

衣・食・住など消費生活全般に関する商品・サービスの苦情・相談、契約に関する苦情・相談について、相談員が問題解決に向けて情報提供や助言をします。また皆さんからの情報提供もお待ちしています。

場所

松阪市本町2176番地 松阪市産業振興センター2階

相談日時 

月曜日・水曜日・木曜日・金曜日
※火曜日、火曜日が祝日の場合の翌水曜日、土曜日、日曜日およ祝日、12月28日から1月4日は休業します。  

相談時間 9時から12時、13時~16時  

電話

0598-25-6590

 ※火曜日、火曜日が祝日の場合の翌水曜日で緊急の場合は、市役所商工政策課勤労消費者係までご連絡下さい。(0598-53-4338)  

ご利用に際して           

  • 相談は市内在住・在勤・在学の方が対象です。        
  • 相談は秘密厳守、無料です。        
  • 相談はお早めに。時間が経つほど解決が難しくなります。        
  • 相談内容をできるだけ詳しく具体的にお申出ください。                   

一人で悩まずに、お気軽に相談してください!

その他の相談先

  • 消費者ホットライン  188 (嫌や、悪質商法)
    ※音声ガイダンスに従って、郵便番号を入力すると、最寄りの消費生活相談窓口につながります。※休みの場合は、国民生活センターなどが案内されます。
  • 三重県消費生活センター 059-228-2212
    ※土曜・祝日・年末年始を除く。(日曜日は電話相談のみ)

こんなときどうする?

  • 「注文していない商品が届いた」
    対処例:契約が成立していないので、受取拒否を。
  • 「電話で商品を勧められ、買うと言ってしまったが、購入をやめたい」 
    対処例:商品が届いたら、8日以内にクーリング・オフを。
  •  「サイトの利用料の請求がきたが、覚えがない」
    対処例:覚えがなければ無視し連絡をしない。お困りのときは相談を。
  •  「借金や多重債務の整理について相談したい」
    対処例:相談窓口で状況を聞き取り、司法書士または弁護士を紹介(初回相談無料)
    (*対処例については一例です。経緯、状況に応じて対処方法も変わってきます。)

 このように個人と事業者との間で商品やサービスにかかわるトラブルが生じたときは、問題解決に向けての情報提供や助言を行っています。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。