現在地
トップページ > 組織で探す > 市政改革課 > 令和3年度 部局長の「実行宣言」

令和3年度 部局長の「実行宣言」

印刷用ページを表示する掲載日:2021年7月15日更新

令和3年度 部局長の「実行宣言」を公表します。

市長あいさつ

部局長の「実行宣言」とは

『部局長の「実行宣言」』は、部局長及び理事が、年度期首に前年度実績を「評価」した上で、今年度の「目標」を設定する取組です。

 

1.『部局長の「実行宣言」』の実施目的

(1)「評価」に基づく「見直し」の促進

各部局の前年度実績を「評価」し、改善点を明らかにすることで、事務・事業の実施手法等の「見直し」につなげ、効率的・効果的な市政運営をめざします。

(2)目標管理型の部局運営の推進

「実行宣言(部局目標)」や各施策、事務・事業の「目標」を「見える化」することで、部局職員の目標管理意識を高め、施策や事務・事業を計画的に推進する組織をめざします。


※市政PDCAサイクルについて
市政運営全体の視点で見ると、PDCAサイクルにおける「計画(Plan)」は「予算編成」であり、『部局長の「実行宣言」』は「評価(Check)」にあたります。
松阪市では、総合計画に掲げる政策を効率的・効果的に達成していくために、『部局長の「実行宣言」』における施策や事務・事業の評価を、次年度の「予算編成」に活用できるよう、下図のPDCAサイクルに取り組んでいます。

 

あ

 

2.部局長の「実行宣言」の構成

『部局長の「実行宣言」』は次の3つのシートで構成しています。


(1)部局長シート(部局長・理事が作成)
現在の部局長及び理事が、前年度の部局運営について「評価」した上で、今年度の「目標」を設定します。また、部局に関係する
「『松阪市総合計画』関係施策の進捗度」を示します。

(2)課長シート(課長・地域振興局長が作成)
各課(地域振興局)が所管する事務・事業の前年度実績等を総括し、組織として「達成できたこと」及び「達成できなかったこと」を明らかにします。

※課を持たない本庁部局については、部局長が課長シートの作成を担当します。

(3)事務・事業管理シート(課長・地域振興局長が作成)
個別の事務・事業に設定した前年度の「活動指標」、「目標」に対する「実績」及び「評価」を明らかにするとともに、今年度の各事務・事業の「活動指標」及び「目標」を示します。

※課を持たない本庁部局については、部局長が課長シートの作成を担当します。

 

令和3年度 部局長の「実行宣言」

令和3年度 部局長の「実行宣言」(部局別ファイル)

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)