現在地
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営・行財政・公売 > 行財政改革 > 平成22~平成24年度松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況

平成22~平成24年度松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況

印刷用ページを表示する掲載日:2015年8月19日更新

平成22~24年度松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況について

”対応方針”とは…

平成22年度より3年間、約100事業を対象に松阪市事業仕分けを行いました。その判定結果や、「松阪市事業仕分け対応方針(中間案)説明会」での市民からの意見、各種関係団体との協議などを重ねた結果を反映し、市として、今後の事業展開をどのようにしていくのかという方針を決定し、これに基づいた見直しの状況を示したものになります。

3年間にわたる事業仕分け終了後、約3年が経過するなかで、仕分け対象事業のうち86事業が事業の廃止や再構築等、より市民目線に立った新たな効率的効果的な手法により、再スタートをきっている状況にあります。

「事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況」の公表については、平成28年度版をもって最終としますが、見直しの完了につながらなかった事業はもちろんのこと、時代が刻々と変化するなかで、その時々に応じた市民ニーズにより的確に対応できるよう、事務・事業の見直しを継続していきます。

ダウンロードファイル

 

松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況(平成22年度~平成24年度)【平成26年度版】 [PDFファイル/2.98MB]

松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況(平成22年度~平成24年度)【平成27年度版】 [PDFファイル/2.4MB]

松阪市事業仕分け対応方針に基づく見直しの状況(平成22年度~平成24年度)【平成28年度版】 [PDFファイル/880KB]

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)