現在地
トップページ > 組織で探す > 企業誘致連携課 > 松阪地域産業活性化協議会と学校法人日本教育財団名古屋モード学園の地域と産業の活性化に関する連携に係る協定について

松阪地域産業活性化協議会と学校法人日本教育財団名古屋モード学園の地域と産業の活性化に関する連携に係る協定について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月7日更新

松阪地域産業活性化協議会と学校法人日本教育財団 名古屋モード学園の地域と産業の活性化に関する連携に係る協定について

1.経 緯

 学校法人日本教育財団 名古屋モード学園は、平成28年度に(有)コットンライフと松阪もめんの

新商品開発を行い、松阪もめんフェスティバルにてファッションショーを実施しました。

 また、平成29年1月27日に松阪地域産業活性化協議会主催の「産学連携推進セミナー」

にて、多気町、明和町、大台町、大紀町の地域資源を活かしたブランディング発表を行いました。

2.協定の趣旨

 上記の産学連携を機に、松阪地域産業活性化協議会(※)が地域資源を活用した共同事業  

を学校法人日本教育財団 名古屋モード学園に依頼し、この度、両者間にて地域と産業の

活性化に関する連携に係る協定書を締結することになりました。
 

※松阪地域産業活性化協議会

 この協議会は、「企業立地の促進等による産業集積の形成及び活性化に関する法律」に基

づき、地域における産業の集積や活性化を目的として設立されました。協議会は、三重県、

松阪市、多気町、明和町、大台町、大紀町、松阪商工会議所、松阪西部商工会、松阪北部

商工会、多気町商工会、明和町商工会、大台町商工会、大紀町商工会、三重大学、第三銀行、

百五銀行、三重銀行、三重信用金庫が委員となっており、松阪市長が会長を務めています。

(設立:平成19年8月2日)

3.協定名義人

松阪地域産業活性化協議会 会長 松阪市長     竹上 真人

学校法人日本教育財団 名古屋モード学園 統轄責任者 吉田 光孝

4.協定締結日時及び場所

平成29年1月27日(金曜日)13時30分~14時00分

松阪市役所3階 市長応接室

5.成果の発表    「産学連携推進セミナー」

開催日:平成29年1月27日(金曜日)15時00分~18時30分

場 所:華王殿(三重県松阪市高町502番地)

主 催:松阪地域産業活性化協議会