現在地
トップページ > 組織で探す > 健康づくり課 > 特別の理由による任意予防接種の助成

特別の理由による任意予防接種の助成

印刷用ページを表示する掲載日:2020年3月27日更新

 令和2年4月1日から、骨髄移植等によって接種済みの定期接種の効果が期待できなくなったと医師に診断された方に対して、定期接種として接種したワクチンの再接種にかかった費用を助成する事業を実施します。

助成対象者

以下の要件を全て満たすものを助成対象者とする。

(1)  骨髄移植手術等の理由により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。
(2)  再接種日において、市内に住所を有すること。
(3)  再接種日において、20歳未満であること。

助成対象ワクチン

 過去に定期予防接種として接種したワクチンのうち、令和2年4月1日以降に再接種するもの。

 

助成額

 接種に係る費用全額を助成する。

 ただし、各ワクチン毎に限度額あり。(下記ダウンロードファイル参照)

助成方法

 下記ダウンロードファイルの「松阪市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書」(医師記入欄があります)に内容を記入し、過去に定期接種を受けた履歴が分かる書類(母子健康手帳等)と共に、健康センターはるるまで提出してください。

 申請後、後日健康センターはるるから再接種用の予診票をお配りいたしますので、再接種用予診票をお使いいただき、予防接種を受けてください。接種料金は一度全額お支払いいただき、後日領収証と共に健康センターはるるまでご請求ください。

 なお、詳しくは下記ダウンロードファイルの「申請の流れ」をご確認ください。

申請窓口

  • 健康センターはるる Tel 20-8087

 

ダウンロード

・申請の流れ [PDFファイル/95KB]

・松阪市特別の理由による任意予防接種費用助成金交付申請書 [PDFファイル/40KB]

・ワクチン毎の助成限度額一覧 [PDFファイル/28KB]

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)