現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 健康・医療 > 健康づくり情報 > 「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月10日更新

「新しい生活様式」で熱中症を予防しましょう!


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、「新しい生活様式」として、一人ひとりが感染防止の3つの基本である1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが大切です。
  これから夏を迎えるにあたり、例年よりもいっそう熱中症にもご注意いただきたくために、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための『「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント』をお伝えします。

熱中症チラシ(表面)

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

・屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずしましょう。

・マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。

ダウンロードファイル

・熱中症予防チラシ(表面) [PDFファイル/531KB]

・熱中症予防チラシ(裏面/環境省・厚生労働省) [PDFファイル/662KB]

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)