現在地
トップページ > 組織で探す > 健康づくり課 > 新型コロナウイルスワクチンの廃棄について

新型コロナウイルスワクチンの廃棄について

印刷用ページを表示する掲載日:2021年8月27日更新

 令和3年8月5日(木曜日)午前11時30分頃、市職員が集団接種会場「クラギ文化ホール」に設置してあるディープフリーザーに新型コロナウイルスワクチンを保冷ボックスで搬入した際、ワクチン5ケースのうち1ケース1,170回分(195本)の移しかえを怠りました。
 移しかえなかったワクチン1ケースは、保冷ボックスに入ったまま8月20日(金曜日)にファイザー社の委託配送業者が回収しました。 
 8月22日(日曜日)「クラギ文化ホール」のディープフリーザーのワクチン数が不足していることに気づき、調査を開始いたしましたところ、配送業者から8月25日(水曜日)に保冷ボックス内にワクチン1ケースがあることを確認した報告を受け、廃棄することとなりました。
 貴重なワクチンを廃棄してしまうことになり、松阪市・多気町・明和町・大台町の皆様に多大なご迷惑をお掛けしましたことを、深くお詫び申し上げます。


新型コロナウイルスワクチンの廃棄について(令和3年8月27日) [PDFファイル/311KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)