現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険の納税の方法について

国民健康保険の納税の方法について

印刷用ページを表示する掲載日:2016年4月4日更新

普通徴収

  • 納付書による納付(金融機関やコンビニエンスストアでの直接納付及びインターネットを利用したクレジット納付)
  • 口座振替による納付(お届けいただいた金融機関の口座からの振替・自動払込)

特別徴収

 65歳以上の国保加入者のみの世帯で一定の条件を満たした場合、世帯主の年金から天引きさせていただきます。この場合の納付は、年金受給月の年6回(偶数月)です。 

 一定の条件とは

  • 世帯主の年金受給額が年額18万円以上あること
  • 国保税と介護保険料の1期あたりの合計が年金1回あたりの受給額の2分の1以下であること

お支払い方法のご確認のお願い

 下記に該当する場合は徴収方法が変更となりますので、年度当初(6月)の納税通知書が届いたら必ず徴収方法のご確認をお願いいたします。

  • 世帯主が75歳に到達する年度  ・・・特別徴収⇒普通徴収
  • 年金天引きの対象に該当した場合・・・普通徴収⇒特別徴収
  • 年金天引きの対象から外れた場合・・・特別徴収⇒普通徴収

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。