り災証明について

印刷用ページを表示する掲載日:2014年10月17日更新

り災証明とは、自然災害などに家屋等が損壊した場合や床下浸水・床上浸水など、被災状況の調査確認を行い認定した後に証明するものです。

 この証明は、保険の請求や税の減免などの手続きに必要となる場合があります。

なお、り災証明は、災害による被災であることが明らかに判断できる場合に限るため、災害発生日から概ね3か月以内に被災状況の調査確認が行われたときに発行することができます。

申請までの流れ

り災証明申出 →被災状況の調査確認(資産税課職員)→証明書発行(市民税課)

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。