現在地
トップページ > 障がい福祉 > 障がい者 > その他 > 新型コロナウイルス感染症について ~聴覚障がいのある方等への相談窓口~

新型コロナウイルス感染症について ~聴覚障がいのある方等への相談窓口~

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月22日更新

 中華人民共和国湖北省武漢市において、昨年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されて以来、世界各地で患者発生報告が続いており、日本国内でも新型コロナウイルスが多数検出されています。
 感染症の予防には、季節性インフルエンザや風邪の感染予防対策と同様に、手洗い、咳エチケットの徹底などに一人一人が努めていただきますようお願いいたします。

 相談窓口は、(1)新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎に関する相談窓口、(2)新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談窓口に分かれており、それぞれFax番号が異なります。お間違えのないようにお願いいたします。

(1)Fax/メール相談窓口

 三重県では、新型コロナウイルス感染症に関連した肺炎に関する県民からの相談に応えるため、Fax/メール相談窓口を開設しています。
 
■ 開設時間
        9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

■ 問い合わせ先
 ※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、下記のとおりFaxまたはメールにてお問い合わせください。

 

        三重県庁  医療保健部 薬務感染症対策課

         F A X : 059-224-2344

         メール : yakumus@pref.mie.lg.jp

(2)新型コロナウイルス感染症にかかる帰国者・接触者相談センターについて

 「帰国者・接触者相談センター」では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談を受け付けています。
  同センターでは、相談内容から同感染症の疑いがあると判断した場合、その方へ適切な診察を行う「帰国者・接触者外来」への受診調整を行っています。

 ■ 開設時間
         9時00分から21時00分まで(土曜日・日曜日・祝日も対応)

 ■ 問い合わせ先
   ※聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、下記の相談用紙を使用し、Faxで「三重県新型コロナウイルス感染症対策チーム」宛てにご相談ください。

 

新型コロナウイルス感染症 相談用紙  [PDFファイル/342KB]

三重県新型コロナウイルス感染症対策チーム Fax : 059-224-2275

 

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。

  ・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている場合 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
  ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
  ・以下の場合は重症化しやすいため、これらの状態が2日程度続く場合
    ・高齢の方
    ・糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患のある方や透析を受けている方
    ・免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

詳細は、厚生労働省「新型コロナウイルスを防ぐには」及び「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安」をご覧ください。


 ≪参考≫   ・厚生労働省「新型コロナウイルスを防ぐには」<外部リンク>

      ・厚生労働省「新型コロナウイルス感染症についての相談・受診の目安 」<外部リンク>

      ・三重県ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)<外部リンク>

      ・厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)<外部リンク>
 

 


このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)