現在地
トップページ > 市長の部屋 > 市長メッセージ > 伊勢志摩サミット閉会にあたっての市長コメント > 伊勢志摩サミット閉会にあたっての市長コメント

伊勢志摩サミット閉会にあたっての市長コメント

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月30日更新

  世界の首脳をお迎えし、大きな成果を上げた伊勢志摩サミットが無事閉幕しました。市民の皆さまには、交通規制やボランティアでのおもてなし等、様々なご協力をいただいたこと、心より感謝申し上げます。

 計6回の会食においては、すべて松阪牛が使われ、配偶者プログラム(首脳夫人等の会食)では、松阪赤菜や松阪産しいたけ、松阪の深蒸し煎茶を使い、相可高校の生徒が調理を担当しました。一生に一度の経験を通じ、生徒たちのこれからの人生の大きな糧となったことと思います。

 また、アウトリーチ国のベトナムからは、マイ・ティエン・ズン政府官房長官にご来松いただきました。サミット期間を通じ、県内唯一の個別訪問となったことは、非常に名誉なことであります。

 今後はこの伊勢志摩サミットを契機に、様々な場面で松阪市をアピールできるよう、職員一丸となって努力して参ります。

 引き続き市民の皆さまのご協力をよろしくお願いします。

松阪市長 竹上 真人  

          

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。