IT導入補助金

印刷用ページを表示する掲載日:2022年8月8日更新

該当する制度は次のとおりです

 

該当する制度の概要や相談窓口等について

 

 
利用できる支援策制度の概要相談窓口
IT導入補助金

・通常枠(A・B類型)
目的:
 中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。
 自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、把握した経営課題や需要に合ったITツールを導入することで、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図っていただくこと。

A類型:
補助対象経費区分:
 ソフトウェア購入費・クラウド利用料(1年分)・導入関連費等
補助率:
 1/2以内
上限額・下限額:
 30万円~150万円未満

B類型:
補助対象経費区分:
 ソフトウェア購入費・クラウド利用料(1年分)・導入関連費等
補助率:
 1/2以内
上限額・下限額:
 150万円~450万円以下
締切日:
 5次締切分:令和4年 9月5日 (予定)
 6次締切分:令和4年10月3日 (予定)


・セキュリティ対策推進枠
目的:
 中小企業・小規模事業者等のみなさまがサイバーインシデントが原因で事業継続が困難となる事態を回避するとともに、サイバー攻撃被害が供給制約や価格高騰を潜在的に引き起こすリスクや生産性向上を阻害するリスクを低減していただくこと。

補助対象経費区分:
 サービス利用料(最大2年分)
補助率:
 1/2以内
上限額・下限額:
 5万円~100万円

締切日:
 1次締切分:令和4年 9月5日 (予定)
 2次締切分:令和4年10月3日 (予定)


・デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)
目的:
 中小企業・小規模事業者等のみなさまが導入する会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの経費の一部を補助することで、インボイス対応も見据えた企業間取引のデジタル化を推進すること。

補助対象経費区分:
 ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分)・導入関連費等
補助率:
 3/4以内
上限額・下限額:
 5万円~50万円以下
補助対象経費区分:
 ソフトウェア購入費・クラウド利用料(最大2年分)・導入関連費等
補助率:
 2/3以内
上限額・下限額:
 50万円超~350万円

ハードウェア購入費用(デジタル化基盤導入類型)
ハードウェア購入費

補助率1/2以内、補助上限額10万円:
 PC・タブレット・プリンター・スキャナー及びそれらの複合機器
補助率1/2以内、補助上限額20万円:
 レジ・券売機等

締切日:
  9次締切分:令和4年 8月22日 (予定)
 10次締切分:令和4年 9月 5日 (予定)
 11次締切分:令和4年 9月20日 (予定)
 12次締切分:令和4年10月 3日 (予定)

サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター
 TEL:0570-666-424
 IP電話用:042-303-9749

IT導入補助金2022ページへ<外部リンク>

支援策一覧のTOPへ戻る

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

支援メニュー
新型コロナ対策支援メニュー
セミナー情報
経産省等の補助金ご紹介
松阪市の事業者向け補助金
お知らせ
販路開拓相談窓口
先端設備等導入計画
リンク集
感染症対策BCP等リンク集