現在地
トップページ > 高齢者福祉 > 介護保険 > 地域密着型サービス > 地域密着型通所介護事業所の新規指定

地域密着型通所介護事業所の新規指定

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月22日更新

介護保険法改正により、通所介護事業所のうち定員18人以下の事業所は、平成28年4月1日から地域密着型通所介護事業所となり、事業所所在地の市に指定・指導権限が移行されました。

これにより、新たに地域密着型通所介護事業所の指定を受けようとする場合は、市に指定申請が必要となります。

指定申請にあたっては、必ず市に事前協議を行った上で、指定を受けようとする月(指定は毎月1日)の前々月末日までに申請書を提出してください。

また、介護予防通所介護事業所については、平成28年4月以降も利用定員に関係なく従来どおり県指定となりますので、地域密着型通所介護事業所と介護予防通所介護事業所について併せて指定を受ける場合は、市及び県の双方へ申請してください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。