現在地
トップページ > 高齢者福祉 > 介護保険 > 介護保険制度 > 介護サービスを利用するには

介護サービスを利用するには

印刷用ページを表示する掲載日:2015年3月31日更新

介護サービスを利用するためには、要介護認定の申請をし、介護や支援が必要であるという認定を受けます。  
※認定申請の手続きについては 「要介護認定・要支援認定の手順」 のページをご覧ください

要介護1~5の方へのサービス(居宅サービス・施設サービス)

自宅で暮らしながらサービスを利用したい方

1.松阪市が発行する事業者一覧の中から『居宅介護支援事業所』を選び、連絡してください。
居宅介護支援事業所の一覧はこちら

【居宅介護支援事業所】

都道府県の指定を受けて、ケアマネジャーを配置しているサービス事業所のことです。利用者が最適な介護サービスを受けられるよう、相談を受けたり、各介護サービス事業所と調整などを図ります。

 ↓    

2.ケアプランの作成を依頼すると担当のケアマネジャーが決まります。

 【ケアマネジャー(介護支援専門員)】

介護の知識を幅広く持った専門家です。利用者からの相談に応じて、利用者の希望や心身の状態にあったサービスが利用できるように導いてくれます。

  ↓     

3.ケアプランを作成します。

  • 担当のケアマネジャーは、利用者や家族の要望を聞き、サービスの内容、費用などについてアドバイスをします。

  • また、各サービス事業所と連絡・調整し、ケアプランの原案を作ります。

  • 費用、日時などに利用者が同意した場合、ケアプランができあがります。

    ※この利用計画は自分で作成することも出来ます。 詳しくは介護保険課までご相談ください。
    ※ケアプランを作成するための費用には、利用者負担はありません。

 ↓     

4.ケアプランにそって介護サービスを利用します。

介護保険施設に入所したい方

1.入所したい施設を選び、施設へ直接申し込みます。

 ↓     

2.ケアプランを作成します。
 入所した施設のケアマネジャーが、利用者の心身の状況に応じ、サービス計画を立てます。

 ↓  

3.ケアプランにそって施設サービスを利用します。 

施設の種類

介護老人福祉施設

つねに介護が必要で、自宅では介護できない方が対象の施設です。食事、入浴など日常生活の介護や健康管理を受けられます。

介護老人保健施設

病状が安定し、リハビリに重点をおいた介護が必要な方が対象の施設です。医学的な管理のもとでの介護や看護、リハビリを受けられます。

介護療養型医療施設

急性期の治療が終わり、病状は安定しているものの、長期にわたり療養が必要な方が対象の施設です。介護体制の整った医療施設(病院)で、医療や看護などを受けられます。

 ※施設サービスを利用したときは、施設サービス費用に加え、その他に自己負担となる費用があります。

要支援1・2の方へのサービス(介護予防サービス)

1.要支援1・2については、まずは松阪市にある地域包括支援センターに連絡、相談します。

【地域包括支援センター】

松阪市が委託した公的な機関で、高齢者の方が住み慣れた地域で生活を続けられるよう、設置されています。
保健師等、社会福祉士、主任ケアマネジャーが中心となって生活を支援します。
※お近くの地域包括支援センターへご相談ください

  ↓ 

2.今どのようなことで困っているか、これからどんな生活を希望するかなどについて、利用者・家族・地域包括支援センターとが話し合います。    

 ↓ 

3.介護予防ケアプランを作成します。
 地域包括支援センターの職員と一緒に、利用する介護予防サービスや、具体的な目標などについて、サービス計画を立てます。

 ↓    

4.介護予防ケアプランに基づいてサービスを利用します。

 ↓     

5.一定期間後に介護予防ケアプランで設定された目標が達成されたかどうかを地域包括支援センターが評価します。
 評価の結果、介護予防ケアプランの見直しが必要とされた場合は、より利用者にあった介護予防ケアプランに作り直します。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。