現在地
トップページ > 高齢者福祉 > 高齢者支援・高齢者福祉 > 認知症になっても安心のまち > 認知症になっても安心のまち ~認知症を学び地域で支えよう~

認知症になっても安心のまち ~認知症を学び地域で支えよう~

印刷用ページを表示する掲載日:2020年2月7日更新

みんなの理解と見守りで・・・『認知症になっても安心なまち』 予防に努めて・・・『認知症にならないまちへ』 
「あんしん」の地域づくりをめざします!

~認知症を理解し、みんなで支えるまち~ 認知症サポーター

認知症サポーターキャラバン

 「認知症サポーターキャラバン」は認知症について正しく理解し、認知症の方やその家族を見守り、支援する「認知症サポーター」を多数養成し、認知症になっても安心して暮らせるまちを市民の手によってつくっていくことをめざしています。

 キャラバンメイトロバさんのイラスト

松阪市の認知症サポーターは、現在 22,096人です!(平成30年3月末時点)

認知症サポーターとは

 認知症サポーター養成講座を受けていただいた方が、認知症サポーターです。認知症についての基本的な知識を持ち、認知症の方やその家族の身近な理解者として、また見守りの担い手として活躍する方のことをいいます。

認知症サポーターの活動

 認知症サポーターは、なにか特別なことをやる方ではありません。町で困っている方を見かけたら声をかけるなど、活動内容は人それぞれです。「温かい目で見守ること」を基本として、自分のできる範囲でサポーターとして取り組んでください。

認知症サポーター養成講座

講座の内容

  • 認知症の基本的な知識
  • 認知症の方と接するときの心構え
  • 介護している家族への支援    

                   (90分程)

認知症サポーター養成講座:様子の写真 

高齢者支援課主催の 認知症サポーター養成講座 開催予定

 
開催日時 間場 所 
平成31年4月24日(水曜日)

 

 

午後1時30分~午後3時

 


  松阪市健康センターはるる

令和元年6月21日(金曜日)
令和元年8月29日(木曜日)
令和元年10月7日(月曜日)
  令和元年12月16日(月曜日)
令和2年2月26日(水曜日)

   【申し込み・お問い合わせ】  高齢者支援課(電話 53-4099)まで。 

  上記の日程以外にも、各地域包括支援センターが認知症サポーター養成講座を開催する場合もあります。

  詳しくは、お住いの地域を担当する地域包括支援センターにお問い合わせください。

 子ども向け認知症講座「キッズサポーター養成講座」

 認知症の人や家族を地域で支えていくためには、多くの人が認知症について正しく理解することが必要です。
 そこで、小・中学生を対象に「キッズサポーター」の養成をすすめています。大人だけでなく超高齢社会の担い手となる子どもたちにも、高齢者や認知症について理解を深めてほしいものです。

講座の内容

「認知症ってなあに」
「私たちには何ができるかな」

キッズサポーター養成講座
〈学習の様子〉

受講申し込み 

 「認知症サポーター養成講座」「認知症キッズサポーター養成講座」開催随時募集!
 

サポーターとして市へ登録(氏名・住所・年齢)することに同意された10名以上の方でお申し込みください。

 日時や場所などを調整させていただき、キャラバン・メイト(講師)を派遣しますのでお気軽にお問い合わせください。

【問い合わせ】  高齢者支援課  電話 53-4099

オレンジリング:写真オレンジリング
  
  オレンジリングは、「認知症の方を支援をします」という証です。
  認知症サポーター養成講座修了者にお渡ししています。

 

認知症キャラバン・メイト

 認知症に対する正しい知識と具体的な対応方法等を市民に伝える講師役が『キャラバン・メイト』です。キャラバン・メイト養成研修を受講した方で、全国キャラバン・メイト連絡協議会に登録されたボランティアです。
 

松阪市高齢者安心見守り隊

安心見守り隊ステッカー:写真
(高齢者安心見守り隊ステッカー)

 地域のみんなで支えあい、安心して暮らせるまちづくりのため、認知症高齢者やその家族の身近な理解者として地域での認知症の方や家族の見守りをしていただくこと、必要に応じて関係機関への連絡をしていただくこと、地域への認知症の理解の啓発にご協力いただくことを活動としています。

 「松阪市高齢者安心見守り隊養成講座」につきましてはお住まいの地域包括支援センターが随時、地域ごとに開催しています。詳しくは市高齢者支援課までお問い合わせください。
 各地域包括支援センターが行う『高齢者安心見守り隊養成講座』を受講していただき、登録申込書を申請後、松阪市より登録証をお渡ししています。また、登録証を受け取られた方には「高齢者安心見守り隊ステッカー」もお渡ししています。
 また、安心見守り隊になられた方対象に研修会や連絡会を開催しています。

 

高齢者安心見守り協力店

 安心見守り協力店 ステッカー

(高齢者安心見守り協力店 ステッカー)

 私たちひとりひとりが、普段の生活の中でできる「あいさつや気軽な声かけ」といった見守りが、安心のまちづくりにつながります。今後、ますます増えていく高齢者の方々が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けるために、お買い物や支払いなどで困っている高齢者を見かけたら優しく声をかけるなど『高齢者安心見守り協力店』として、高齢者の見守りをしていただいています。

高齢者安心見守り協力店 一覧 [PDFファイル/442KB]

 

 徘徊SOSネットワークまつさか

 「認知症」はさまざまな原因によって脳の働きが衰える病気です。記憶障害や場所がわからなくなるなどの症状のため、行方不明になる方もあります。そんなときに、ネットワーク協力機関で情報を共有し、できるだけ早く、ご家族の元にもどれるようにするのが徘徊SOSネットワークまつさかです。徘徊の心配のある方の事前登録や支援してくださる方々の登録を随時、受け付けています。また、平成27年度から多気郡3町も加わり広域化して運用するなどネットワークの関係機関・者でよりよい運営の検討を重ねています。

 

認知症介護家族教室の開催

 介護について一人で悩んでいませんか?
認知症の方を介護しているご家族や支援者の方を対象に、介護者教室を開催します。

 認知症市民フォーラムの開催

 認知症を正しく理解することで、認知症になっても安心なまち、認知症にならないまちづくりをめざして、平成21年度より定期的に市民フォーラムを開催しています。

 令和元年は、若年性認知症当事者である山田真由美様と支援者である鬼頭史樹様による、認知症市民講演会『認知症、笑顔のままで』を開催しました。

     日時:令和元年6月23日(日曜日)13時30分~15時30分(開場13時)

     会場:松阪市産業振興センター

     定員:190名(先着順) 

  認知症市民講演会ちらし [PDFファイル/1月15日MB]

 

認知症の人と家族の会について

 公益社団法人 認知症の人と家族の会は1980年京都で発足した会です。
 認知症の方、介護している家族、認知症の介護に携わっている専門職、ボランティアなどが全員で、電話相談や啓発活動等を行っています。

  ひだまりにて、毎月第二木曜日 10時~正午 に開催。

 認知症の人と家族の会

  •  三重県支部(認知症の電話相談) 電話 059-370-4620
  •  本部(認知症の電話相談) Tel0120-294-456

 (月~金 10時~15時 祝日は休み)

   

認知症カフェ・家族交流会など

 認知症の方やそのご家族の方が気軽に参加していただける集いの場所です。

 

参加対象者:認知症のご本人だけ、家族の方だけでも参加していただけたり、会場によって異なります。

内容:レクリエーションや相談、情報交換など内容は会場によって異なります。

みなさんとおしゃべりをして、お茶を楽しんだり、ホッとするひとときを一緒に過ごしてみませんか。

  認知症カフェ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症カフェ一覧 [PDFファイル/750KB]

 

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)