現在地
トップページ > 高齢者福祉 > 介護保険 > 介護保険料 > 65歳以上の方の介護保険料の額

65歳以上の方の介護保険料の額

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月1日更新

所得段階別保険料の設定 

介護保険料は、3年ごとに策定する介護保険事業計画に基づいて改定されます。平成30年度から3年間の保険料は、第7期松阪市介護保険事業計画で、松阪市における介護サービスの給付額等の見込みに基づいて算出された基準額をもとに、世帯の市民税課税状況や本人の所得等の状況に応じて14段階に区分され、個人ごとに算定されます。

基準額:年額79,680円(月額換算6,640円)=第5段階の保険料額 

平成30年度からの新しい所得段階別保険料は次のとおりです。

所得段階別保険料一覧表
所得段階調整率年額対象となる方

第1段階

基準額×0.40

31,872円

生活保護受給中及び市民税非課税世帯で老齢福祉年金受給中
本人及び世帯全員が市民税非課税で、本人の課税年金収入+合計所得金額が80万円以下

第2段階

基準額×0.50

39,840円

本人及び世帯全員が市民税非課税で、本人の課税年金収入+合計所得金額が80万円超120万円以下

第3段階

基準額×0.60

47,808円

本人及び世帯全員が市民税非課税で、本人の課税年金収入+合計所得金額が120万円を超える

第4段階

基準額×0.85

67,728円

世帯内に市民税課税者がいるが、本人は非課税で、本人の課税年金収入+合計所得金額が80万円以下

第5段階

基準額×1.00

79,680円

世帯内に市民税課税者がいるが、本人は非課税で、本人の課税年金収入+合計所得金額が80万円を超える

第6段階

基準額×1.25

99,600円

本人が市民税課税で、合計所得金額が80万円未満

第7段階基準額×1.30103,584円本人が市民税課税で、合計所得金額が80万円以上125万円未満

第8段階

基準額×1.45

115,536円

本人が市民税課税で、合計所得金額が125万円以上190万円未満

第9段階

基準額×1.85

147,408円

本人が市民税課税で、合計所得金額が190万円以上300万円未満

第10段階

基準額×1.95

155,376円

本人が市民税課税で、合計所得金額が300万円以上500万円未満

第11段階

基準額×2.20

175,296円

本人が市民税課税で、合計所得金額が500万円以上700万円未満

第12段階

基準額×2.40

191,232円

本人が市民税課税で、合計所得金額が700万円以上1,000万円未満

第13段階

基準額×2.60

207,168円

本人が市民税課税で、合計所得金額が1,000万円以上1,300万円未満

第14段階

基準額×2.80

 223,104円

 本人の合計所得金額が1,300万円以上

※課税年金収入額とは、市民税がかからない年金収入(障害年金や遺族年金が受ける恩給や年金)を除いた老齢・退職年金をさします。

※合計所得金額とは、収入金額から必要経費に相当する金額(収入の種類により計算方法が異なります)を控除した金額の合計のことで、扶養控除や医療費控除などの所得控除をする前の金額です。また、繰越損失がある場合には繰越控除前の金額をいいます。平成30年度からは、譲渡所得に係る特別控除額を控除した額となります。さらに第1段階から第5段階までの方は、公的年金等に係る雑所得額を控除した額となります。なお、合計所得金額がマイナスの場合は、0円として取扱います。

※世帯状況は、毎年4月1日時点の住民票の世帯構成により判断します。年度の途中での転入や65歳到達の場合は、資格取得日の時点で判断します。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。