現在地
トップページ > 高齢者福祉 > 介護保険 > 介護保険料 > 40歳から64歳までの方の介護保険料の額と納め方

40歳から64歳までの方の介護保険料の額と納め方

印刷用ページを表示する掲載日:2016年10月13日更新

介護保険料の決め方

各医療保険(国民健康保険、健康保険など)の保険者が加入する第2号被保険者の数に応じて、社会保険診療支払基金に納付する介護給付費納付金の額に基づき算出します。

介護保険料の納め方

医療保険の保険料に介護保険の保険料を上乗せして一括で納めていただきます。

介護保険料の額

詳しくはご加入の医療保険の保険者に確認ください。

介護保険料一覧表
ご加入の医療保険内容
国民健康保険保険料は所得や被保険者数の数に応じて異なります。
保険料と同額の公費負担があります。
世帯主が世帯員(第2号被保険者)の保険料も負担します。
健康保険組合・共済組合など保険料が給料に応じて異なります。
保険料の半分は事業主が負担します。(任意継続は除く)
会社員の配偶者などの被扶養者の分は加入している医療保険の被保険者が皆で負担するので、新たに保険料を納める必要はありません。

※松阪市国民健康保険に加入されている方は、市役所保険年金課から送付される「国民健康保険税課税明細書」(毎年6月中旬ごろ発送)に介護保険料が記載してあります。
※65歳になられる月の前月分までが医療保険の対象となります。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。