現在地
トップページ > 三重とこわか国体・大会 > 日本拳法<デモンストレーションスポーツ>
国民体育大会

日本拳法<デモンストレーションスポーツ>

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月2日更新

日本拳法とこまる日本拳法は、面・胴・股当及びグローブを着装し、突く・打つ・蹴る・投げから相手を制しての決めまたは逆を取ることなどができる総合格闘技です。身体全体を使っての格闘技ですが、防具を着装しているため安全で自由に撃ち合うことができます。

試合は、3分間3本勝負となっており、相手に対する加撃(相手に対し相当なダメージを与えたと思われるとき)により1本となります。また、投げてから相手に対し有効な決め(相手の体を制しての突き・打ちや踏み蹴り・膝蹴りなど)があった場合に1本となります。

審判員は3人制で、2人以上の審判員の旗が同一選手に上がれば1本と認められます。

競技日程

2021年6月6日(予定)

競技会場

松阪牛の里オーシャンファーム武道館
 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。