現在地
トップページ > 環境 > 政策 > お知らせ > 松阪市自治体新電力事業に係る事業パートナー公募型プロポーザルの結果について

松阪市自治体新電力事業に係る事業パートナー公募型プロポーザルの結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月25日更新

松阪市自治体新電力事業に係る事業パートナー公募型プロポーザルの結果について

1.事業概要

 松阪市では、松阪市クリーンセンターにおいて、一般廃棄物を焼却する際に発生する熱を利用した発電事業を実施しており、この地域で発電されたエネルギーを地域内で循環させる地産地消型の新電力事業会社を設立します。

 本事業の運営においては、専門的な知識と技術、手法、経験等が必要であり、経営面においても環境変化に柔軟に対応できる経営能力、事業実施においても地域活性化及び市の環境エネルギー施策に資する展開への対応能力が求められることから、民間事業者との共同出資により新電力事業会社を設立するものとし、これらを補完しうる民間の事業パートナーをプロポーザル方式で選定しました。

2.選定事業者

所在地 愛知県名古屋市熱田区桜田町19-18
会社名 東邦ガス株式会社
代表者 代表取締役社長 冨成 義郎

3.選定方法

 松阪市自治体新電力事業に係る事業パートナー公募型プロポーザル選定委員会を設置し、事業者から提出された提案書及びプレゼンテーションから、事業者を選定しました。

【選定委員会委員】
学識経験者1名、弁護士1名、税理士1名、行政職員2名

4.審査項目と配点

 審査における評価項目及び配点は、下記のとおりです。

評価項目及び配点表
評価項目主な審査内容配点
企業の信用度経営基盤の健全性5
公共性に対する理解度10
小売電気事業者としての実績5
事業運営能力需給調整業務の遂行能力5
事業分析・管理能力10
事業運営体制10
事業計画事業計画10
事業の収益性5
業務委託の内容と委託費10
資本構成と資金調達5
事業リスク分担10
事業展開地域貢献ポテンシャル10
将来の事業展開の方向性5
合計100

松阪市自治体新電力事業に係る公募型プロポーザル審査点数表 [PDFファイル/68KB]

5.講評

 本プロポーザルにおいて松阪市自治体新電力事業に係る事業パートナーとして選定された東邦ガス株式会社は、(1)公共に対する理解が非常に高いこと、(2)今後の事業展開において、松阪地域に貢献する姿勢が強く感じられたこと、(3)自社電源を保有し、電力の需給調整の信頼性が高いこと、(4)提案者のなかで唯一松阪市内に事業所を開設していること、といった点が評価されました。

6.事務担当部署

松阪市役所環境生活部環境課政策係
住所:〒515-8515 三重県松阪市殿町1340番地1
電話:0598-53-4425
ファックス:0598-26-4322
メール:kan.div@city.matsusaka.mie.jp

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)