現在地
トップページ > 環境 > 政策 > 温暖化防止・省エネルギー > 緑のカーテンを作って暑い夏を涼しく過ごそう!

緑のカーテンを作って暑い夏を涼しく過ごそう!

印刷用ページを表示する掲載日:2012年10月11日更新

緑のカーテンとは…?

緑のカーテン 夏の暑い時に、朝顔やヘチマ、ゴーヤなどのツル性植物を日光の当たる建物の南や西面などに、ネットを使用して育てた自然のカーテン。建物や室内の日差しをさえぎり、葉からの水蒸気によって周辺温度を下げられます。

メリット

  • 室温を下げる。

その他

  • 育てる楽しみ。
  • 収穫する楽しみ。

省エネにもなる緑のカーテンに取組んでみましょう!

緑のカーテンコンテスト!

 松阪市環境パートナーシップ会議では、緑のカーテンを市域に広めるため、「緑のカーテンコンテスト」を開催しました。
 コンテストでは、それぞれ家庭部門、教育部門、団体部門を設け、市民の投票により優秀者を決定しました。

市施設の緑のカーテン

 松阪市のさまざまな施設でも緑のカーテンの取組みを行っています。
 ここでは環境担当での取組について紹介します。

緑のカーテンの作り方

※PDF版は以下ダウンロードよりご覧ください。
緑のカーテン 作り方1
緑のカーテン 作り方2
緑のカーテン 作り方3
緑のカーテン 作り方4

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)