現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 看護部 > 看護部長挨拶 > 看護部長挨拶

看護部長挨拶

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月27日更新

病院案内の図

ごあいさつ

看護部長の写真

看護部長 眞砂 由利(認定看護管理者)

 松阪市民病院は蒲生氏郷の築城した松阪城趾石垣と公園が目の前に広がり季節の移ろいを日々 感じることの出来る素敵な環境にあります。 当院のキッチフレーズは「地域に開かれたあたたかい急性期病院」です。病院の理念に基づき緩和ケア病棟の理念「自分自身を見つめる場」をめざし、看護部全体で質の高い看護を提供するために自律した判断のできる看護師を育成する努力をしています。またワーク・ライフ・バランスにも積極的に取り組み、働き続けられる職場づくり、働きやすい職場づくりを目指し、育児支援制度の活用を積極的に取り入れています。育児時短・育児部分休業・夜勤免除などは子供の就学前まで活用できます。子育てと仕事が両立できるように応援しています。  専門看護師・認定看護師の育成や三重県立看護大学への人事交流など看護基礎教育と臨床との連携にも力を入れています。 看護師が頑張れば人事評価で頑張りに酬いる制度があります。(ボーナス+人事評価手当)人事評価制度は看護師のモチベーションアップの効果にも繋がっています。 是非、病院見学に来てください。訪問看護ステーションも併設しており急性期から終末期・在宅と切れ目のない看護が提供できます。あなたのやりたい看護そして活躍する場があります。

人事評価

 

看護部サイトへ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。