現在地
トップページ > 健康センターはるる > 乳幼児の健康・子育て > 妊娠したら > 妊娠したら 妊婦健診を受けましょう

妊娠したら 妊婦健診を受けましょう

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

妊婦健診を受けましょう

 妊娠は、新しい命を10か月かけて胎内で育てる大切な期間です。妊娠中は、普段よりいっそう健康に気をつけなければなりません。妊婦さんの健康や、おなかの赤ちゃんの順調な発達には、定期的な健診を受けることが大切です。
 妊婦健診では様々な検査や診察を通して、妊娠中の生活指導や体重管理などのアドバイスがもらえ、安全な出産を迎えるために、健康管理をします。
 妊婦さんと赤ちゃんを守るため、かかりつけの医療機関などをもち、定期的に妊婦健診を受けましょう。

受診方法

 松阪市では、母子保健法に基づき、母子健康手帳交付時に『母子保健のしおり(妊婦一般健康診査受診票 )』(公費負担券)を発行しています。                                   
 三重県内の産科医療機関を受診の際、「妊婦一般健康診査受診票」を提出すると、妊娠中に14回の助成を受けることができます。

母子保健のしおりの表紙の画像

妊婦健診の助成検査項目

 妊婦健診では、赤ちゃんの生育状況や、妊娠高血圧症候群など妊婦さんの身体の異常について確認します。
 また、医師や助産師が、妊娠中の生活指導や体重管理などをアドバイスしたり、妊婦さんの不安や心配事の相談に応じます。
 市では下記の検査項目に対して助成をしております。

  • 基本的な妊婦健康診査(体重測定・血圧測定・尿検査・問診)
  • 妊娠初期の血液検査
  • 子宮頸がん検診(細胞診)
  • 血液検査(血算・血糖)
  • B群溶血性レンサ球菌検査
  • Htlv-1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)抗体検査
  • クラミジア検査(細胞診)
  • 超音波検査

 検査時期と内容は、妊婦さんやおなかの赤ちゃんの状態により異なります。かかりつけ医の指示に従い受診しましょう。
 また、医療機関と助産所で助成対象となる検査項目が異なりますので、詳しくは下記の問い合わせ先にご確認ください。

三重県外の産科医療機関で妊婦健診を受診された方へ

 里帰りなどで三重県外の産科医療機関で受診された場合でも、受診後の申請により、費用の全部または一部を助成しています。
 県外の受診医療機関窓口で一旦健診費用を支払った後、最後に受診した日から6カ月以内に、必要書類とともに申請して下さい。
 詳しくは、下記のダウンロードファイルをご覧下さい。また、下記のお問い合わせ先にご確認ください。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。