結核検診

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月12日更新

65歳以上の肺がん検診は、結核検診を兼ねています。

・とき、ところ:(個別検診) 平成30年7月から平成31年2月末まで指定医療機関にて実施。
        (集団検診) 平成30年9月から平成31年2月まで申込会場(申込日時)にて実施。
・内容:胸部レントゲン撮影
・注意事項:事前に電話でのお申し込みが必要です。
受診時は、「平成30年度がん検診・歯周病検診等受診券」を持参してください。

詳しくは、肺がん検診をご覧ください。

結核ってどんな病気なの?

過去の病気ではありません。結核は「現代」の病気です。決して他人事ではありません。
今でも新しい患者が発生し、命を落としている日本の重大な感染症です。
現在、新たに結核と診断される方の4割は、80歳以上の方です。
結核の早期発見は、本人の重症化を防ぐためだけではなく、大切な家族や職場等への感染拡大を防ぐためにも重要です。

結核はどうやって感染するの?

結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。痰に結核菌がいる患者が咳をすると空気中に飛び散り、それを周りの人が直接吸い込むことによってうつります。これを「空気感染」といいます。
気にかかる症状がみられたら、医療機関を受診しましょう!また、人にうつさないために咳が出るときはマスクをつけましょう。

結核の予防

結核は、それほど怖がる必要はありません。
2週間以上、咳や痰が続くようでしたら医療機関で受診しましょう。早期発見は本人の重症化を防ぐためではなく、大切なあなたの周りの人たちへの感染の拡大を防ぐ為にも大切です。

<簡単な予防法>
・適度に運動する
・睡眠時間を十分にとる
・好き嫌いをせずバランスのとれた食事をする
・タバコを吸わない

結核の治療

もし結核に感染したら・・・
結核と診断されても、6ヶ月間毎日きちんと薬を飲めば治まります。しかし症状が消えたからといって、治療の途中で服薬を止めてしまえば治りません。治療を確実に行うことが大切です。
詳しくは、松阪市健康センターはるる・松阪保健所にご相談ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

がん検診ネット予約<外部リンク>