現在地
トップページ > 健康センターはるる > 助成・申請・予防接種 > 助成・申請 > 平成29年度 不育症治療費助成について

平成29年度 不育症治療費助成について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

平成25年4月1日より、松阪市不育症治療費助成事業を実施しています。
不育症の治療を受けているご夫婦に対し、保険適用外治療費等の一部を助成します。  

不育症とは

厚生労働省では、妊娠はするものの2回以上繰り返す流産や死産などによって赤ちゃんを授かれないことを不育症としています。

対象となる治療

市が指定する医療機関において夫婦が受けた不育症の治療及びその治療に係る検査に要した費用

助成対象外となるもの

  1. 医療保険各法の規定に基づく保険給付が適用される不育症治療等の費用
  2. 入院時の差額ベッド代、食事代、文書料等の費用
  3. 処方せんによらない医薬品等の費用
  4. 他の地方公共団体で補助されていた期間に係る不育症治療等の費用  

対象者

次の要件の全てを満たしている方が助成の対象となります。

  1. 法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 夫婦のどちらか一方又は双方が、補助金の申請日及び治療期間中において松阪市に住民登録をしている
  3. 医療機関が実施する不育症治療等を受けていること  

助成金額

1つの治療期間における補助対象費用に対し、1年度10万円を上限とします。 【補助の対象とする期間】  不育症治療や不育症に関する検査を開始した日からその妊娠に関する出産(流産、死産等を含む)までの期間を1治療期間となります。    

申請期間 ※注意してください

1つの治療期間が終了した日の属する年度の翌年度末日までに申請してください。
なお、1回の治療が2年度以上にわたる場合は、1夫婦につき1年度1回限り申請することができます。

申請方法

申請書類をそろえて、下記申請窓口へ申請してください。 郵送による手続きも可能です。

申請書類

  1. 松阪市不育症治療費補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書
    助成申請額は審査後に決定しますので、記入しないでください。
  2. 不育症治療費助成事業受診等証明書
    医療機関に依頼してください。なお、文書作成にかかる費用に関しては、助成対象にはなりません。
  3. 不育症に要した治療費の領収書、院外処方がある場合にはその領収書
    すべて原本が必要です。後日返却します。
  4. 住民票(法律上の夫婦関係を確認することができるものに限る。)
    本市においてその内容が確認できる場合は不要です。
  5. 戸籍謄本
    夫及び妻が別世帯に属するため住民票で夫婦であることが確認できない場合。  

支給方法

助成決定後、申請者本人に通知した上で、申請月の翌々月の20日に指定口座に振り込みます。  

申請の却下、助成の取り消し

要件に該当しないなど、助成対象にならない場合、その旨を通知します。 また、不正な手段をもって助成を受けた場合には、助成金の全額を返還していただきます。  

申請窓口・問合せ先

  • 健康センター Tel:(20)8087
  • 嬉野保健センター Tel:(48)3812
  • 飯南ふれあいセンター Tel:(32)8020
  • 飯高地域振興局 地域住民課 Tel:(46)7112

ダウンロードファイル

  ・ 松阪市不育症治療費補助金交付申請書兼実績報告書兼請求書(様式第1号) [Wordファイル/35KB]

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。