現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 松阪市の文化財 > 松阪市の文化財

松阪市の文化財

印刷用ページを表示する掲載日:2015年3月20日更新

松阪市の文化財 

文化財の収載は市域を便宜的に分け、本庁・嬉野・三雲・飯南・飯高の各管内毎に行うものとし、特に本庁管内(旧松阪市域)については7地区毎に行いました。地区区分の目安は次のとおりです。

本庁管内

  • 市街地区―旧松坂城下域
  • 西部地区―堀坂山系東麓域
  • 中部地区―阪内川流域と宇気郷地区
  • 南郊地区―金剛川流域
  • 北部地区―市域北部沿岸部
  • 東部地区―櫛田川下流域
  • 南部地区―櫛田川中流域

嬉野管内

三雲管内

飯南管内

飯高管内

なお、指定無形民俗文化財のうち地域が限定できないものや、指定天然記念物のうち属種指定のものは、管内・地区に該当しないため、最後に「松阪市域・地域を定めず」として収載しました。

  • 収載の文化財は、建造物・石造美術・彫刻・絵画・工芸・考古・書籍・典籍・古文書・歴史資料・史跡・名勝・天然記念物・有形民俗文化財・無形民俗文化財・登録有形文化財・登録記念物と多岐にわたり、1件毎に解説と写真・図を紹介しています。
  • 文化財の収載にあたっては、冒頭に整理番号、名称、員数、時代、所在地・所有者(敬称略)、構造・品質・規格・形状・面積、指定(登録)年月日を記載しました。なお、天然記念物及び無形民俗文化財のうち、主に「地域を定めず」「松阪市域全域」となっているものについてはこの限りではありません。
  • 解説執筆にあたり参考にした文献は『松阪市史』『嬉野町史』『三雲町史』『飯南町史』『飯高町郷土誌』『松阪市の文化財案内』『嬉野町の文化財』等です。

※画像を二次的に使用する場合は、必ず松阪市文化課までご連絡ください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。