ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防犯地域安全 > 新型コロナウイルスに乗じた犯罪について

本文

新型コロナウイルスに乗じた犯罪について

ページID:0108565 更新日:2020年4月24日更新 印刷ページ表示

新型コロナウイルスに関連した犯罪に注意!

こんにちは。地域安全対策課です!

最近、特別定額給付金をかたった不審なメールや電話が報告されています。

10万円の給付金について、国の機関や市役所、銀行、郵便局、警察などが、
個人にメールを送ったり、電話で個人情報や銀行口座番号・暗証番号を
問い合わせることはありません。

メールを返信したり、電話で個人情報や番号を伝えないでください。
「給付金・助成金がもらえる」といった不審なメールや電話は無視しましょう。
手続きについては、今後、国や市から提供される正しい情報を確認し、
これに便乗した詐欺に注意してください。
また、この他、新型コロナウィルス感染症に乗じた犯罪にご注意下さい!

1、詐欺

  • 感染した身内を成りすまして現金を要求する
  • 厚生労働省や市役所を装って、個人情報や銀行口座番号や暗証番号を聞きだそうとする。

2、悪徳商法

  • ウィルスへの効果効能をうたった違法な医薬品や医療器具の販売
  • ウィルスに関連した違法な訪問販売
    (「その浄水器を使っていると感染しますよ」といい、買い替えを迫るなど)

3、サイバー犯罪

マスクの無料配布や販売をうたい、個人情報やキャッシュカードの暗証番号を盗み取る
フィッシングメールや悪質なショッピングサイト

こうした不審な電話やメール、自宅への訪問があった場合、一人で判断せず、
家族や警察に相談してください

松阪警察署 0598-53-0110
松阪市 地域安全対策課 0598-53-4074