現在地
トップページ > 行政チャンネル > 市議会 > 令和3年2月第1回定例会 > 代表質問(令和3年2月25日)

代表質問(令和3年2月25日)

印刷用ページを表示する掲載日:2021年3月19日更新

市民クラブ 中島 清晴議員(1)

・新型コロナウイルス感染症への対策
(1)ワクチン接種の課題
(2)コロナに負けるな!経済支援の充実を
・いよいよスタート「住民自治協議会」
・「子育ての支援」 ~保育の充実~
(1)「超延長保育」「主食炊飯」「紙おむつ回収」これらへの体制は万全か
(2)幼稚園での預かり保育の拡充
・どう未来を描くのか「松阪駅西地区市街地再開発事業」
・スポーツと連動したまちづくり
・超高齢社会2040年問題
(1)公共交通の再編・再構築
(2)人口減少を食い止める若者定住や労働力人口増加への取組について
・松阪市の企業誘致の未来とは
(1)航空宇宙産業の現状
(2)若年層のU・Iターン就職を促進する企業とは
・職場における「ハラスメント防止」のために

市民クラブ 中島 清晴議員(2)

市民クラブ 橘 大介議員

・超高齢社会2040年問題
・松阪市の企業誘致の未来とは
(1)航空宇宙産業の現状
(2)若年層のU・Iターン就職を促進する企業とは

会派に所属しない議員 中村 良子議員

・スポーツと連動したまちづくり
・燃やせるごみリサイクル
・松阪をアピールする人が増える街
・子育て中の市民支援

公明党 松岡 恒雄議員(1)

・安心してだれもが学ぶことができるために
(1)ヤングケアラーの実態
(2)不登校の実態と対策
・いつまでも元気で充実した生活を送ることができるために
(1)新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向けて
(2)子宮頸がんワクチン接種事業
(3)日常生活用具の基準額等の根拠
・安全・安心に生活を送ることができるために
(1)防災対策
・快適な生活環境を実現するために
(1)コロナ禍での狂犬病予防
・コロナ禍での選挙の在り方について
・核兵器禁止条約発効について

公明党 松岡 恒雄議員(2)

公明党 山本 節議員

・いつまでも元気で充実した生活を送ることができるために
(1)新型コロナウイルスワクチンの円滑な接種に向けて
(3)日常生活用具の基準額等の根拠
・安心してだれもが学ぶことができるために
(1)ヤングケアラーの実態
(2)不登校の実態と対策

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

行政チャンネルトップ

行政チャンネルについて
アイウエーブまつさか
特集番組
松阪市内店舗PR動画 ウチの逸品
コーナー
お知らせ
市議会