現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 給付(高額療養費・出産費・葬祭費など)について > (高額な医療費を支払ったとき)高額療養費の支給について

(高額な医療費を支払ったとき)高額療養費の支給について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年8月1日更新

 病気やけがで医療機関にかかり、自己負担額が高額になった場合、医療機関ごと(医科・歯科別、入院・外来別等、診療報酬明細書ごと)に21,000円以上のものを合算し、自己負担限度額を超えた分を国民健康保険が負担し請求により後から支給する制度です。ただし、保険がきかない食事代、差額ベッド代等は対象外となります。支給については、国保連合会の審査に基づいて指定の口座に振り込みます。

70歳未満の人の場合

70歳未満の人の限度額表
所得区分区分自己負担限度額(月額)
住民税課税世帯で所得 が 901万円超 252,600円+(かかった医療費-842,000円)×1%
【4回目以降 140,100円】
住民税課税世帯で所得 
600万円~901万円以下
 167,400円+(かかった医療費-558,000円)×1%
【4回目以降 93,000円】
住民税課税世帯で所得 
210万円~600万円以下
 80,100円+(かかった医療費-267,000円)×1%
【4回目以降 44,400円】
住民税課税世帯で所得 が 210万円以下57,600円
【4回目以降 44,400円】
住民税非課税世帯35,400円 
【4回目以降 24,600円】

【 】内は、年4回以上該当した場合の4回目以降の限度額。

※ 同一世帯の国民健康保険加入者全員の住民税の基礎控除後の総所得金額等です。所得の申告がない場合は、区分「ア」とみなされますのでご注意ください。

 

70歳以上75歳未満の人の場合

平成29年8月から平成30年7月まで

平成29年8月から平成30年7月までの70歳以上の人の限度額表
区分外来(個人単位)の限度額外来+入院(世帯単位)の限度額
現役並み所得者 ※157,600円80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
【4回目以降 44,400円】
一般 ※214,000円
(年間上限額 144,000円) ※5
57,600円
【4回目以降 44,400円】
低所得Ⅱ ※38,000円24,600円
低所得Ⅰ ※48,000円15,000円

【 】内は、年4回以上該当した場合の4回目以降の限度額。

 

平成30年8月から ※平成30年8月以降は、現役並み所得者の区分を細分化して変更予定。

平成30年8月からの70歳以上の人の限度額表
区分外来(個人単位)の限度額外来+入院(世帯単位)の限度額
課税所得690万円以上252,600円+(医療費の総額-842,000円)×1%
【4回目以降 140,100円】
課税所得380万円以上690万円未満167,400円+(医療費の総額-558,000円)×1%
【4回目以降 93,000円】
課税所得145万円以上380万円未満80,100円+(医療費の総額-267,000円)×1%
【4回目以降 44,000円】
一般 ※218,000円
(年間上限額 144,000円)
※5
57,600円
【4回目以降 44,000円】
低所得Ⅱ ※38,000円24,600円
低所得Ⅰ ※48,000円15,000円

【 】内は、年4回以上該当した場合の4回目以降の限度額。

※1 住民税課税所得が145万以上の70歳~74歳の人、及び同一世帯に属する70歳~74歳の人。ただし、住民税課税所得145万円以上でも収入金額の合計が、単身世帯で383万円未満、2人以上世帯で520万円未満の場合は、申請により「一般」となります。(平成27年1月以降は、新たに70歳になる被保険者の属する世帯の70~74歳の被保険者の基礎控除後の所得の合計額が210万円以下の場合も「一般」と判定します。)

※2 住民税課税世帯で、医療費の自己負担割合が2割または1割の人。

※3 住民税非課税世帯(70歳未満の人を含む)で、低所得Ⅰ以外の人。

※4 住民税非課税世帯(70歳未満の人を含む)で、世帯の各所得が必要経費・控除を差し引いたときに0円となる人。(年金の所得は、控除額を80万円として計算)

※5 年間上限額は、8月から翌年7月までの累計額に対して適用されます。

限度額認定証について

 「限度額適用認定証」を医療機関窓口で提示することで、入院時の医療機関窓口でのお支払いが自己負担限度額まで(保険がきかない食事代・差額ベット代等は除きます。)となります。「限度額適用認定証」の交付を希望される方は、窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもの、世帯主及び手続きの対象となる方のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの・印鑑を持参の上、保険年金課・各地域振興局地域住民課にて申請してください。

※窓口にお越しいただく方の本人確認ができるもの、世帯主及び手続きの対象となる方のマイナンバー(個人番号)が確認できるものについての詳細は「国民健康保険の手続きにマイナンバーが必要となります。」を参照して下さい。

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。