現在地
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉・医療・市民病院 > 保険・年金 > 国民健康保険税 > 国民健康保険税の計算方法(平成29年度)

国民健康保険税の計算方法(平成29年度)

印刷用ページを表示する掲載日:2017年4月1日更新

国民健康保険税は、加入される人数や所得の状況によって計算されます。

A 医療給付費分

【所得割額】  ( 前年中の総所得金額等 - 33万円 ) × 7.8% =   円…(1)
  ※国保加入者が複数いる場合は、加入者毎に所得割額の計算を行います。

【均等割額】  国保加入者数 × 30,200円 =   円…(2)

【平等割額】   30,300円…(3)

医療分の年間保険税額 (1)+(2)+(3) =   円…(A) (限度額 54万円)

B 後期高齢者支援金分

【所得割額】  ( 前年中の総所得金額等 - 33万円 )× 2.7% =   円… (1)
  ※国保加入者が複数いる場合は、加入者毎に所得割額の計算を行います。

【均等割額】  国保加入者数 × 10,400円 =   円…(2)

【平等割額】  10,400円…(3)

後期高齢者支援金分の年間保険税額 (1)+(2)+(3) =   円…(B) (限度額 19万円)

C 介護納付金分(40歳以上65歳未満の人のみ)

【所得割額】  ( 前年中の総所得金額等 - 33万円 )× 2.4% =   円…(1)
  ※国保加入者が複数いる場合は、加入者毎に所得割額の計算を行います。

【均等割額】  国保加入者数 × 11,500円 =   円…(2) 

【平等割額】  8,200円・・・(3)

介護保険分の年間保険税額 (1)+(2)+(3) =   円…(C) (限度額 16万円)

(A)+(B)+(C)= 1年間の保険税額となります。

 

〈年度の途中で加入・脱退した場合〉
 年度途中で国民健康保険に加入(資格取得)した場合はその月から、脱退(資格喪失)した場合はその前月までの国保税がかかります。また、国保税は日割りではなく、月割りで計算します(国保税は年額に加入月数をかけて12ヶ月で割ります)。 

〈加入の届出が遅れた場合〉
 
加入する資格を得た月から算定します。届出が遅れても、加入する資格を得た月までさかのぼって国保税を納めなければなりません。

〈他の市町村から転入してきた場合〉
 国保税の算定基礎となる前年中の所得金額は松阪市で把握していないため、加入届出時に行っていただく簡易申告に基づいて仮計算します。その後、前住所地への照会で判明した所得金額に基づき再計算することにより、税額が変更になる場合があります。

〈40歳に到達する年度〉
 年度途中で40歳の誕生日を迎えられる方については、誕生日の月(1日生まれの方は前月)から介護分を計算することになります。すでに国保加入している方は、誕生日の月の翌月(1日生まれの方は誕生日の月)に国保税額の変更通知書をお送りします。

〈65歳に到達する年度〉
 
年度途中で65歳の誕生日を迎えられる方については、誕生日の前月(1日生まれの方は前々月)まで介護分を計算しますが、あらかじめ計算して年間の国保税を算定しておりますので、65歳到達以降も税額の変更はありません。また、65歳到達により介護保険の第1号被保険者となりますので、誕生日の月(1日生まれの方は前月)から国保税とは別に「介護保険料」がかかります。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。