現在地
トップページ > 地域づくり > 地域の元気応援事業 > 過去の採択 > 平成28年度「地域の元気応援事業」二次審査(公開プレゼンテーション)結果発表

平成28年度「地域の元気応援事業」二次審査(公開プレゼンテーション)結果発表

印刷用ページを表示する掲載日:2016年6月17日更新

公開プレゼンテーションを6月11日(土曜日)に開催しました

「地域の元気応援事業」は、住民協議会やNPO等の市民活動団体による地域の特性を生かした魅力ある活動を応援し、広く発信していくための事業です。コンペ方式でアイデアを出し合い、優れた事業提案に対して活動資金を交付します。

平成28年度に提案いただいたものの内、一次審査を通過した事業について、公開プレゼンテーション方式で二次審査を行い、採択事業が決定しました。
二次審査会当日は午前の部と午後の部あわせて730人の方にご来場いただきました。

地域の元気応援事業や各部門についての詳細はコチラをご覧ください。

平成28年度の応募状況

  • 地域力アップ部門 15事業
  • 広域連携部門 3事業
  • 市民活動サポート部門 3事業

一次審査会の結果

上記の応募事業については、一次審査(書類選考)においてすべての事業がこれを通過し、二次審査への進出が決定しました。

二次審査会の結果

平成28年6月11日(土曜日)午前10時より、嬉野ふるさと会館(松阪市嬉野権現前町)にて、二次審査会(公開プレゼンテーション)を開催し、審査の結果、下表のとおり各部門の採択事業が決定しました。

各応募事業の概要および二次審査会結果

地域力アップ部門

住民協議会名

事業の名称事業の概要順位結果地域づくり
スポンサー賞
阿坂まちづくり協議会元気UP阿坂in白米城白米城をベースに、心と体の健康をテーマとして2コースでの登頂で体の健康を、浄眼寺での座禅体験で心の健康を高める。また、特産品の販売などで地域の活性化を図る。7位採択

マックスバリュ中部(株)

波瀬むらづくり協議会子ども交流リーダー研修&いっしょにあそぼ!in波瀬「ふくみえ子ども交流リーダー研修」と共に、福島の子どもたちとその保護者を飯高波瀬に招き、新たに教育プログラム内容を取り入れたサマーキャンプを開催する。5位採択 
松阪中央住民協議会子どもいきいき!パパもママもリフレッシュ幼児や保護者を中心にした遊び感覚の運動会を開き、保護者自身もリフレッシュをしてつながりをいっそう深め、世代を超えた地域住民の交流の場にして子育てを応援します。15位審査委員特別賞 
豊地まちづくり協議会清流中村川と地域に学ぶ豊かな自然が生み出す清流の魅力を最大限に活かす為に、この地の特産物のお米作り体験、水の重要性等を小学生と共に追求し自然と歴史を探訪し、豊地の活性化を図ります。4位採択 
柿野住民協議会400年の歴史ある深野紙の伝承深野紙は藩札や切手に択ばれるなど良質和紙としての名声を高めましたが、時代の変遷とともに衰退。歴史深い深野紙の保存に住民協議会が継承に取り組んでいます。2位採択

(株)サイネックス

中原まちづくり協議会中原グルメフェスティバル〈踊って元気もりもり〉中原グルメフェスティバルは農産物を地域の子どもと育て、食育や地域資源の大切さを大人から子どもに伝えるとともに、野菜の歌とダンスを創作し、地域の活力を高めます。1位採択 
大石地区まちづくり協議会歴史街道:地域資源をつなげて描こう“おいし”の未来「まちづくりに“若い”チカラを」。“おいし”は、MAPつくりと街角案内板をキッカケに、世代を超えた、ひとの“チカラ”を集め、つなぎ、伝える活動をスタートします。10位― (株)アドウェル
機殿まちづくり協議会はたどの祭り機殿の財産である農業・自然と歴史・文化をしっかりと映し出す事業。初年度は農業、特に米・苺を中心とし、年を重ねる毎に歴史・文化も加えて内容をより充実させる。14位審査委員特別賞 
大河内地区まちづくり協議会おかわっち再発見!元気で活力ある大河内を見つめ直し再発見するために、大河内城跡ゆかりの史跡を点から線へと結んだおもてなしの環境整備(案内看板・順路表示・絵馬・散策路)に取り組む。13位審査委員特別賞 
幸まちづくり協議会幸にこにこサロンバルーンで楽しみながら仲間とふれあい、地域の歴史と文化を知って、地域に誇りを持つ。この活動は絆を深めるとともに人材発掘も兼ねている。6位採択

(株)サイネックス

宮前まちづくり協議会宮前宿観光事業の進展事業平成24年度から観光開発事業として冊子やウォーキングガイドなどを作成し、新日本歩く道紀行100選に認定。更なる来訪者のために、案内板やパンフレットで歓待する。11位審査委員特別賞 
松ヶ崎まちづくり協議会 四季を彩るまちづくりと地域の歴史を学ぶ。海辺・川辺の環境整備と松ヶ島城跡の謎に迫る歴史教室を開催します。桜・芝桜・ハマボウを使った景観づくりと地元の人も詳しく知らない松ヶ島城跡の謎を解き明かします。3位採択 (株)第三銀行 
朝見まちづくり協議会慈愛の Love Hariti Asami避難してきた脆弱者の人たちの今日守れた命が、弱ったり消えることのないようにLove Haritiの女性=母たちのサポートとケアで、明日へと繋げる取組みで命を守る。8位採択 
松尾まちづくり協議会世代間交流を育む健康づくり事業地域住民の誰もが参加できる各種の体力づくり事業を展開し、子どもから高齢者まで集える場の提供を行い、健康で明るく活力のある地域づくりを目指す。9位(株)日本屋
川俣地区住民協議会演劇「大谷嘉兵衛翁物語」を横浜で公演する事業大谷嘉兵衛翁の功績を顕彰する活動を横浜市で展開します。
・横浜市での「嘉兵衛翁顕彰団体」を結成し交流を図る。
・顕彰シンポジウム開催・演劇「大谷嘉兵衛翁物語」の公演
12位審査委員特別賞  
広域連携部門
住民協議会名事業の名称事業の概要順位結果地域づくり
スポンサー賞
松ヶ崎、鵲、天白、港、第四、西黒部、東黒部松阪市の臨海地域における防災の広域連携南海トラフの巨大地震の発生に備え、松阪市の臨海地域が広域連携を進める事で、先進地視察で学んだ事を出前講座に変え、津波避難シェルターの実現の声を大きくしていく。3位採択

 

松阪中央、幸松阪三珍花 花碑建立事業昨秋ようやくその発祥地や作出者が判明した松阪三珍花の花碑を建立し、道行く人々に、この松阪の伝統的花卉文化に触れ親しんでいただき、街おこしの一環とする一連の運動。 1位採択水谷養蜂園(株) 
揥水、朝見、漕代、西黒部、東黒部、機殿6地区合同の避難訓練、防災訓練の実施櫛田川の右岸と左岸に分け、東部管内防災避難マップを基に、アマチュア無線で消防団や地域住民が避難経路の安全を情報共有し、トコロテン方式による避難訓練を実施します。2位採択 
市民活動サポート部門
団体名事業の名称事業の概要順位結果スポンサー企業等
瑞巌寺庭園保存会しそ飯まつり県の文化財であり、県指定名勝である瑞巌寺庭園を活用し、「しそ飯まつり開催」「文化財説明看板設置」「パンフレット作成」を行い、地域の文化資源の普及に努める。2位採択マックスバリュ中部(株)
松阪ハーモニックジュニアバンドこころに届け『あい』の音色『みんなを笑顔に、街に元氣を、わたしたちもハッピーに』をテーマに活動をしている小学生金管バンドです。『地域になくてはならないバンド』を目指して活動をしています。3位採択(株)サイネックス
神ノ木台健康イキイキ仲良しクラブ健康体操PR力アップ事業豊地地区にある神ノ木台自治会の集会所を拠点として行っている「健康体操」を豊地地区の他の地域に広めるために、団体のもつPR力を向上させる。1位採択辻製油(株)

ダウンロードファイル

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)