トップページ > 松阪牛 > 『特産松阪牛』が地理的表示に登録されました!

『特産松阪牛』が地理的表示に登録されました!

『特産松阪牛』が地理的表示(GI)に登録されました!

平成29年3月3日に『特産松阪牛』が国の地理的表示保護制度(GI)に登録されました。
 

地理的表示保護制度とは…
特定の地域にて、長年培われた特別な生産方法や気候・風土などの特性により、
高い品質と評価を得ている産品の名称(地理的表示)を知的財産として
国が保護する制度。
基準を満たした場合に、国が証明する認定マークとして
GIマークを付することができる。
不正な使用に対しては、国が取り締まり、懲役や罰金を科されるなど、
ブランドとして保護される。

       GIマーク

       【GIマーク】
 

 農林水産省は特産松阪牛を登録した理由について、
「長期肥育による肉質の探求にいち早く特化し、その方法を確立した」
などとしています。 

 これに伴い、同日に農林水産省にて行われた登録証授与式に、
松阪牛連絡協議会として、竹上真人会長(松阪市長)が出席し、
礒崎農林水産副大臣より登録証を授与されました。

GI授与式1           GI授与式2

【礒崎農林水産副大臣と竹上会長】

 

 『特産松阪牛』は地理的表示の登録第25号で、和牛ブランドとしては、
同日に登録された『前沢牛』『米沢牛』とともに、
平成27年に登録された『神戸ビーフ』『但馬牛』に続く登録となりました。

登録証

【登録証】

 

 

≪竹上真人 松阪牛連絡協議会長(松阪市長) コメント≫

「地理的表示に三重県内初の産品として『特産松阪牛』が登録され、
広く認められたことを誇りに思います。
これをきっかけに、さらなる松阪牛ブランドの振興につなげたい
。」

 

 ※松阪牛連絡協議会とは…
   松阪牛ブランドの維持発展を目的とし、生産者、販売者、家畜商、JAなど
  14の松阪牛関係団体で組織された団体。
   会長は松阪市長。


 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。