現在地
トップページ > 松阪商人の館 > 施設案内 > 展示案内 > 松阪商人の館 館内のご案内

松阪商人の館 館内のご案内

印刷用ページを表示する掲載日:2012年9月4日更新

商人の館の館内図

 

 天正16年(1588)、戦国時代の武将、蒲生氏郷により開かれた松阪の城下は、江戸時代になると商人の町として大いに栄えました。主に松阪木綿を扱う豪商は、江戸時代前期にいちはやく江戸(あるいは京・大阪)に店を構えましたが、その商品は粋好みの江戸っ子たちにもてはやされ、年間五十数万反(当時の江戸の人口の半分)の売り上げを誇ったといわれています。

 

 松阪商人の館は、その江戸期の屈指の豪商・小津清左衛門の邸宅を資料館として公開しているものです。展示品の中には「千両箱」ならぬ「万両箱」もあり、その広い屋敷はまさに「江戸店持ち伊勢商人」の風格を感じさせます。

 

 松阪商人の館の前の道は、その昔、お伊勢参りの旅人が行き交った「参宮街道」。現代に続く三井グループの礎を築いた三井高利が生まれ育った場所も、この街道に面したところにあります。

 

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。