現在地
トップページ > 企業誘致 > お知らせ > 平成30年度 中小企業ハンズオン支援事業の支援事業者が決まりました > 平成30年度 中小企業ハンズオン支援事業の支援事業者が決まりました!

平成30年度 中小企業ハンズオン支援事業の支援事業者が決まりました!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月23日更新

平成30年度 中小企業ハンズオン支援事業の支援事業者が決まりました!

5月21日(月曜日)に松阪市産業振興センターカリヨン別館にて開催されました公開審査の結果、4事業者の中から「山越畜産松阪豚専門店まつぶた」が最優秀事業提案者に選出されました。

【発表者】

 シティ・ホールディングス株式会社
  テーマ:「松阪の一夜」の舞台から発信する出会いのお菓子プロジェクト

 株式会社佛英堂
  テーマ:「祈りの文化」の継承・育成により地域活性化を図るメディアサイトの構築

 山越畜産 松阪豚専門店 まつぶた
  テーマ:既存商品「魔法の塩ポン酢」改良と健康意識の啓発活動で、高齢者の健康寿命伸長計画

 バンダイスーパードーム株式会社
  テーマ:地元企業を元気にする託児施設

【審査員】

委員長  西村 訓弘(三重大学 副学長)
     竹村 初美(グレーター・ナゴヤ・イニシアティブ協議会 ゼネラル・マネージャー)
     河内 元雄(三重県営業本部 本部員兼営業マネージャー)
     村上 和美(三重県工業研究所 所長)   
     川口 正人(松阪商工会議所 事務局長兼中小企業相談所長)
副委員長 村林 篤 (松阪市産業文化部長)

【審査結果】

事業計画承認者(最優秀提案者):山越畜産 松阪豚専門店 まつぶた
ハンズオン支援審査結果

【審査総評】

今回の発表は、それぞれに考えられた発表であった。ただ、審査員との質疑応答で気づいた点もあると思うが、考えの積み上げ方が足りないところがある。自分たちの本当の強みを知っている方が選ばれた。

今回、選定されなかった事業者もそれぞれに可能性を感じているが、採択された「まつぶた」は一番自分たちの強みをわかっていると感じた。

サービス業の支援で、地域社会の中で1社が変わっていくことは松阪のまち全体を変える可能性がある。まつぶたは単独で売れることだけが目標でなく、地域のみなさんと一緒に事業を作り上げてほしい。共感を得て、共創していくことが大事。ハンズオン支援を通じて、単なるビジネスでなく、松阪豚の伝承者として、リーダーとして地域を巻き込み、松阪市を変える勢いでがんばってほしい。経営者の人柄は重要なポイントであり、松阪を変える取り組みとなることを期待して選定した。

中小企業ハンズオン支援事業公開審査会の様子

ハンズオン審査会 ハンズオン審査会

ハンズオン審査会 ハンズオン審査会

ハンズオン審査会 ハンズオン審査会

ハンズオン審査会 ハンズオン審査会

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。