現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 看護部 > 部署紹介 > 退院調整部門

退院調整部門

印刷用ページを表示する掲載日:2016年7月12日更新

 退院調整部門

  スタッフの写真

患者様やご家族の病気の発症に伴う精神的・経済的あるいは社会的問題についての不安や悩みを和らげ、患者様の社会復帰・安心した療養生活が送れるよう、地域の保険・医療・福祉サービス機関と連携しながら支援していきます。   退院時に支援が必要な場合の図

退院後在宅療養を希望される場合: 在宅療養するに当たり、何らかの支援を必要とする場合、状況をアセスメントし、必要とされる支援が円滑に受けられるように援助します。 退院調整看護師やNSWが、患者様・ご家族の話を聞きながら、今後の支援の方向性を決定していきます。 退院後転院を希望される場合: 在宅療養生活が困難で、患者及び家族が転院・施設入所を希望した場合、状況をアセスメントし、医療機関、介護保険施設、社会福祉施設の選定、転院、入所について援助します。 病状によって療養型病院や施設の選定のお手伝いをします。

  退院支援についての説明の図  

介護支援連携指導会議中の写真

介護支援連携指導会議とは退院に向けて、かかりつけ医や訪問看護師、ケアマネージャー等の調整を行います。退院前にカンファレンスを実施し、今後の支援の方向性について検討します。  

 

看護部部署紹介へ           看護部サイトへ

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。