医療統計室

印刷用ページを表示する掲載日:2016年9月6日更新

医療統計室のご紹介

医師事務作業補助部門

 医師の事務作業を支援し、医師の負担軽減を図るとともに 患者サービスの改善を目的に活動しています。
 具体的な業務は 患者様から依頼のある各種診断書や証明書の仮作成、診察場面での処置や検査・次回予約などの電子カルテ代行入力、他病院への診療情報提供書や報告書の作成支援などです。
 『医師事務作業補助』という領域はまだスタートして間がありません。しかし、今後医療に関わる大切なポジションとして大いに成長が期待されています。
 私たちはその期待に応えられるように頑張っていきたいと思っています。

病歴部門

 病院には多くの診療に関する情報があり、それら診療情報に関わる仕事をしています。
 具体的にはカルテ(診療録)の点検や退院時要約(サマリー)完成率の管理、がん登録、NCD(National Clinical database)登録、各部門からの診療情報データ抽出依頼への対応、統計データ作成、ホームページ掲載臨床指標の作成などです。

医療統計室職員が働く写真 医療統計室職員集合写真