現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 診療科案内 > 歯科口腔外科 > インプラント治療について

インプラント治療について

印刷用ページを表示する掲載日:2012年9月27日更新

 インプラント治療とは、これまでの行われてきた義歯(入れ歯)やブリッジとは違い、人工歯根を骨の中に埋入し、その上に上部構造を装着し天然歯とほぼ変わらない状態で日常生活を過ごせることを目標に行っています。  それでは、当科においての治療の流れを説明させていただきます。

 松阪市民病院 歯科口腔外科 中橋 一裕

1)口腔治療相談

 まず、当科においてインプラント治療をされている患者さまに対して、インプラント治療を含めた口腔内の状態について説明されて頂きます。  その状態においてインプラント治療を行うのであれば、期間・費用及び治療方針の概略を説明します。患者さまの状態によっては、他の治療をお勧めする場合もあります。  その説明を聞かれてから、より詳しく精査を希望される患者さまについては、口腔内印象を行い口腔内精査を行うための資料を採得させて頂きます。  

2)口腔内精密診断

 次に当科においてインプラント治療を行うにあたり、模型にて口腔内精査を行い、治療終了時の状態を設定し、それに向かっての治療計画を説明します。(Top Down Treatment)この時点で費用の見積もりを提示します。  治療計画に納得された場合には、治療を行うための精密検査を行います。  

3)治療計画

 当科では、インプラント治療を行う場合、現在では、インプラント埋入位置を確認する装置を口腔内に装着し、CT・パノラマ写真を撮影しインプラントの埋入位置・インプラントサイズを決定します。  骨増量が必要な場合には、この時点で行う治療について説明致します。  

4)インプラント埋入手術

 インプラント埋入手術について説明後、インプラント埋入術を行います。当科では、より清潔的に行うため、手術は手術室にて行っています。  手術はおおよそ1時間程度で終わります。  基本的には、治癒期間が必要になります。(上顎で6カ月 下顎で4カ月)  

5)上部構造の製作

 治癒期間後に上部構造を製作します。  色調・形態については、作製する歯科技工士を交えて最終確認を行います。

6)メインテナンス

 インプラント治療は、上部構造を装着してからもアフターケアを行い、インプラントの状態を確認していきます。   以上が当科におけるインプラント治療の流れです。 詳しくは、一度受診してみてください。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。