RI

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

メッセージ

核医学検査とは

安全で、苦痛の少ない検査です。X線検査、CT、MRIと同様に主に画像から病気の有無、治療の効果の判定などに役立てる検査法です。
それぞれ特徴がありますので、目的によって検査法を選びます。

核医学検査1

検査の特徴は

放射性医薬品という検査用の薬を注射したり飲んだりした後、体外から体の中の薬の分布を検査装置(専用の検査用カメラ)で画像や検査値としてとらえます。
これらの画像や検査値から病気の有無や病態の把握のための診断が行えます。
ほとんどの検査は、検査中ベットに寝ているだけで、比較的短時間で終わります。(長い検査でも1時間以内)

核医学検査2