現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 募集案内 > その他の医療従事者 > 正規職員募集 治験コーディネーター  随時募集

正規職員募集 治験コーディネーター  随時募集

印刷用ページを表示する掲載日:2019年7月1日更新

松阪市民病院職員を次のとおり募集します。

◆募集職種および人員
【正規職員】治験コーディネーター 1名

◆受験資格
・地方公務員法第16条(欠格条項)に該当しない方で松阪市民病院へ通勤できる方
・薬剤師免許、臨床検査技師免許または看護師免許のいずれかを有する方
・昭和44年4月2日以降に生まれた方

◆必要書類
・履歴書(指定用紙、押印、写真添付、A4用紙に印刷してください)
・修了・卒業(見込み)証明書
・成績証明書(免許取得者は不要)
・当該免許証の写し(免許取得者)
※履歴書の用紙はホームページからダウンロードできます。また、市民病院経営管理課でもお渡しします。郵送で請求される場合は、82円切手を貼った返信用封筒を同封してお申し込みください。

◆応募方法=必要書類を市民病院経営管理課へ持参または郵送してください。

◆応募期間
随時募集とします

◆試験日時・科目
随時募集のため、申し込みいただいた方に直接連絡します。
小論文(60分)・適性検査・面接

◆試験会場=松阪市民病院

◆合否の通知=決定次第、本人に通知します。

◆給与=「松阪市職員の給与に関する条例」等に基づき支給します。


連絡先〒515-8544 松阪市殿町1550 松阪市民病院経営管理課(電話23-1515)

青少年雇用情報シート [PDFファイル/120KB]

 

 


《参考》

○地方公務員法第16条(欠格条項)
次の各号のいずれかに該当する者は、条例で定める場合を除くほか、職員となり、又は競争試験若しくは選考を受けることができない。
一 成年被後見人又は被保佐人
二 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
三 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から二年を経過しない者
四 人事委員会又は公平委員会の委員の職にあって、第六十条から第六十三条までに規定する罪を犯し刑に処せられた者
五 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

○外国籍職員の任用に関する基準について
【公務員に関する基本原則】
「公権力の行使又は公の意思の形成への参画にたずさわる公務員となるためには、日本国籍を必要とする。」
松阪市においては、上記の基本原則に基づき、外国籍の職員は次のような職務につくことができません。
(1) 公権力の行使に相当する職務
1 市民に対して公益的な必要から市民の権利や自由を制限する内容を含む職務
2 市民に対して義務や負担を一方的に課す内容を含む職務
3 市民に対して義務の履行を強制したり、強制力をもって執行する内容を含む職務
4 その他公権力の行使に該当することとなる職務
(2) 公の意思の形成への参画に相当する職
「公の意思の形成への参画」に相当する職とは、松阪市の行政について企画、立案、決定等の政策形成に関与する職であり、原則として専決権限を有する課長以上の職及び代決権限を有する課長補佐等以上の職並びに本市の基本政策、人事及び財政等を担当する職が該当します。

 

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)