現在地
トップページ > 松阪市民病院 > 部門案内 > 中央検査室 > ばい菌の検査

ばい菌の検査

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新

ばい菌の検査

どんなことがわかるのかな?

感染症とは、病原体(ばい菌<細菌・カビ>、ウィルスなど)が、いろいろな経路をたどって、ヒトの体内に入り込んで住みつき、増殖してなんらかの症候が発症した状態をさします。病原体には、どこにでもいるような弱いものから、強い毒性をもつものまでさまざまであり、発症するかどうかは、生体の免疫力に左右されます。一般に病院の検査室では、
 

  1. 細菌・カビなどによって引き起こされる、感染症の原因となる病原体を特定する同定検査
  2. その病原体に対して、くすりの効き目の程度をしらべる薬剤感受性検査

があります。

かんたんな検査のながれ

  1. 感染部位から、検査材料採取(気管支炎⇒たん、食中毒⇒便、膀胱炎⇒尿など)
  2. 培養:ばい菌たちがよく育つようにつくられた培地とよばれるものに植え付けて、ふらん器(35~37℃に保たれた保温庫)で約24~48時間発育するのを待ちます。
  3. 病原体の特定:発育してきた菌に色を染めて、顕微鏡で形や色調をしらべます。試薬をもちいて、菌の性質をさらにくわしく調べて、菌名を特定します。結果が出るには、約3日程度必要となります。
  4. くすりの効き目をしらべる 薬剤感受性検査
    培地一面に菌をぬりつけて、そのうえに薬(抗生物質など)をしみこませたろ紙をおいて、その周囲に菌が発育する(そのくすりは効かない)か、発育しない(そのくすりは効く)かをしらべます。

検査1
培 地

検査2
培養風景

検査の材料にはどんなものがあるの?

呼吸器(痰・咽頭・鼻腔)、消化器(便・胆汁・胃液)、泌尿器(尿・膣)、穿刺液(血液・胸水・腹水・髄液)、その他(膿・目やに・皮膚・耳漏)などが検査に用いられます。

じょうずな、ばい菌検査の受け方(良い材料をとるには)

<たん:痰>

まず食塩水でうがいをして、唾液が混ざらないように、のどの奥から痰を出してください。

<尿>

最初の尿はすてて、そのあとに出てくる、中間の尿をとってください。

<下痢便>

大きさは親指大以上で、紙や物に包まずに直接容器にいれてください。
注意:ばい菌は室温に放置すると、原因菌だけでなくそれ以外の菌も増えてしまい、正しい結果がでません。採取後は、すみやかにご提出ください。容器は、滅菌された専用容器が病院にありますのでできるだけそれをご使用してください。

かんたんな、ばい菌検査における結果の解釈

<たん>

肺炎・結核の疑いがある時、または血痰や膿性痰がでた時
原因菌として肺炎球菌・インフルエンザ菌・肺炎桿菌・抗酸菌(結核菌・らい菌・非定型抗酸菌)などがあげられます。結核患者のたんには、結核菌を含んでいることが多く(排菌)、たんを染色して菌を見つけることができます(約1時間を必要とします)。本当に結核菌かどうかを知るには、これまでは、たんを培養して約4~8週間後に判定をしていましたが、近年、PCR法(遺伝子を調べて菌種を決める方法)が開発され、専門施設では約1~2日で判定できるようになりました。

<便>

下痢や血便、とくに嘔吐・発熱などをともなっている時
食中毒の原因菌として、病原性大腸菌(O157など)・腸炎ビブリオ・サルモネラなどがあります。特に夏場、肉類、魚介類などを、生で食べる時には十分に注意して下さい。小児では、しっかり火の通ってない鶏肉を食べると、カンピロバクター菌によって下痢になる事がありますので、気をつけてあげてください。海外旅行の際、下痢の原因菌としては、コレラ菌・赤痢菌などがあげられます。生水を飲んで発症する事が多いようです。

<尿>

膀胱炎・尿道炎、性病など
尿路感染症(膀胱炎・尿道炎など)の原因菌には、大腸菌、ブドウ球菌、その他の陰性桿菌と呼ばれるものがあります。感染した尿はにごり、"ツーン"とした特有の臭いがします。また、性病のひとつである淋菌も検出することができます。

<咽頭・鼻腔>

扁桃腺炎、副鼻腔炎など
鼻の穴または喉の赤いところを、綿棒で2~3回こすって検査材料を採取します。ばい菌たちが、しっかりと取れるように強くこすります。少し痛いかもしれませんが我慢してくださいね。当院ではメチシリン耐性黄色ぶどう球菌(MRSA)による院内感染予防の一環として、鼻腔・咽頭検査をスクリーニングで行っています。

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。