現在地
トップページ > 健康センターはるる > 助成・申請・予防接種 > 予防接種 > 【平成30年度】子どもの予防接種

【平成30年度】子どもの予防接種

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月4日更新

予防接種を受けましょう

 お母さんのおなかの中で赤ちゃんに伝わった免疫(抵抗力)のほとんどは、徐々に失われていくため、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。子どもは成長と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。また、病気が流行していないように見えても、接種率の低下や海外からの持ち込みにより、流行する可能性があります。
 感染症になるのを防ぎ、かかったとしても症状が軽くすむようにして子どもを守る助けになるのが予防接種です。
 予防接種に対する正しい理解の下、病気ごとに適した接種時期に予防接種を受けましょう。

予防接種の費用について

定期接種は無料、任意接種は有料です

 定期接種とは、予防接種法によって対象の病気や対象者及び接種期間などが定められたものをいいます。(B型肝炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、四種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)、BCG、MR(麻疹・風疹)、水痘、日本脳炎、二種混合、HPV(子宮頸がん) 【平成30年4月現在】)
※接種が定められている期間内は無料で受けられますが、その期間から外れると有料になりますのでご注意ください。

 任意接種とは、定期接種以外のものをいい(おたふくかぜ、ロタウイルス、季節性インフルエンザなど)、有料です。

 

予防接種の受け方について

医療機関で接種しましょう

予防接種医療機関一覧 [PDFファイル/69KB]を確認し、必ず事前に予約を入れてください。

持ち物

・母子健康手帳

・保険証など住所を証明するもの

・松阪市の予診票   ※転入や紛失によって予診票をお持ちでない場合は、お問い合わせください。

医療機関に行くときに

 お子さんの体質や体調などを説明できる保護者の方がご同行ください。なお、松阪市から配布している「予防接種と子どもの健康」を事前にご確認ください。
 保護者の方が特段の理由で同伴できない場合は、予診票の委任欄にご記入いただくか、委任状 [Wordファイル/33KB]の提出により接種が可能です。

予防接種を受けた後は

 接種後はしばらく副反応に注意し、ご不明な点があれば医師へご相談ください。
予防接種法に基づく予防接種を受けた人に健康被害が生じた場合、その健康被害が接種を受けたことによるものであると厚生労働省大臣が認定したときは、予防接種法に基づく給付を受けることができます。給付申請の手続きが必要となった場合は、お問い合わせください。
 制度に関する詳細は、「厚生労働省ホームページ/予防接種健康被害救済制度」<外部リンク>をご覧ください。

県外で予防接種を希望する場合は

やむを得ない事情により、県外での接種を希望される方は、「県外で予防接種を希望する場合(子どもの定期接種)」をご確認ください。

長期にわたる疾病等のため子どもの予防接種を受けることができなかった方へ

 長期にわたり療養を必要とする疾病にかかるなど特別な事情があったことにより、やむを得ず定期の予防接種が受けられなかった方は、「長期にわたる疾病等のため子どもの予防接種を受けることができなかった方へ」をご覧ください。

 

定期接種一覧

 

 各定期接種の詳細は下記の予防接種名をクリックしてください。

 

 B型肝炎ワクチン

 ・ヒブ

 ・小児用肺炎球菌

 ・四種混合

 ・BCG

 ・水痘

 ・日本脳炎1期

 ・日本脳炎特例1期

 ・MR(麻しん・風しん混合)

 ・日本脳炎2期

 ・二種混合2期

 ・子宮頸がん予防ワクチン 

※ 各予防接種のスケジュールは、ダウンロードファイルにある子どもの予防接種スケジュール一覧をご参照ください。

 

ダウンロードファイル

子どもの予防接種スケジュール一覧 [PDFファイル/57KB]

予防接種医療機関一覧 [PDFファイル/69KB]

委任状 [Wordファイル/33KB]

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

がん検診ネット予約<外部リンク>