現在地
トップページ > 文化情報 > 指定文化財 > 市街地区 > 来迎寺裏門

来迎寺裏門

印刷用ページを表示する掲載日:2012年2月20日更新
  • 本庁管内
  • 市街地区

1-4
来迎寺裏門
(らいごうじうらもん)

市指定

概要

  • 1棟
  • 江戸時代
  • 白粉町 来迎寺
  • 切妻造、本瓦葺
  • 昭和63年4月26日

一間一戸の薬医門。主柱は長方形断面で面取りが施され、根巻きがつく。柱上に冠木をのせ、それを上下から挟んで女梁・男梁を組み、男梁の前端で前桁を受け、後端は控柱にかきこみ、それと直交して後桁が組まれる。男梁上には束を立てて棟木を受ける。全く飾り気のない簡素な門であるが、木割りは太く豪壮である。

 大棟の鬼瓦に「寛永二年(1625)七月吉日伊勢山田乃住人藤わら吉左衛門作」とへら書きがある。

来迎寺裏門

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。