現在地
トップページ > 防災 > 被災地への支援 > 災害派遣等従事車両証明書 > 令和元年8月九州豪雨災害に伴う災害派遣等従事車両証明書の発行について(佐賀県)

令和元年8月九州豪雨災害に伴う災害派遣等従事車両証明書の発行について(佐賀県)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年12月9日更新

佐賀県への災害派遣等従事車両証明書を発行します

  令和元年8月九州豪雨災害に伴う「災害派遣等従事車両証明書」を発行します。
 高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明書を料金所にご提出頂きますと、有料道路の通行料金について無料措置が講じられます。

期間

令和元年9月2日(月曜日)から令和2年3月31日(火曜日)まで

※令和元年11月29日付けで延長されました。

対象地域

佐賀県

対象車両

災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請または受入承諾したものに使用する車両

対象道路

次の各道路会社が管理する道路

  • 西日本高速道路株式会社
  • 各地方道路公社(滋賀県道路公社、京都府道路公社、大阪府道路公社、兵庫県道路公社、神戸市道路公社、広島県道路公社、広島高速道路公社、福岡県道路公社、福岡北九州高速道路公社、佐賀県道路公社、長崎県道路公社、熊本県道路公社、宮崎県道路公社、鹿児島県道路公社)

利用可能な対象道路が変更となりました

 令和元年12月1日より、対象道路が変更となりました。西日本高速道路株式会社(NEXCO西日本)の管轄エリアから乗り入れされたもののみが対象となります。東日本高速道路株式会社(NEXCO東日本)及び中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が管理する料金所を、往路の入口料金所または復路の出口料金所としてご利用される場合、出発地から到着地までの通行料金全額をお支払いいただくこととなりますので、ご注意ください。また、上記以外の道路事業者(本州四国連絡高速道路株式会社や阪神高速道路株式会社など)が管理する高速道路をご利用いただく場合、別途通行料金をお支払いいただく必要があります。

申請方法

 令和元年7月より、災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続きが簡素化されました。災害ボランティアセンターへの事前手続きが不要となり、高速道路会社等のホームページから「ボランティア車両証明書」を取得して、高速道路を利用していただきます。詳しくは、西日本高速道路株式会社のホームページ「災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続きの簡素化について」<外部リンク>をご確認ください。

 なお、インターネットをご利用されない場合は、従来どおり、市より災害派遣等従事車両証明書を発行します。

(1) インターネットで申請ができる方

 西日本高速道路株式会社のホームページ「令和元年8月九州豪雨災害に伴う災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について」<外部リンク>を確認いただき、手続きをしていただくようお願いします。

(2) インターネットで申請ができない方

 インターネットをご利用されない場合は、佐賀県内の災害ボランティアセンターの受付印が押印された「災害派遣等従事車両証明に係るボランティア証明書」(複写可)と「災害派遣等従事車両証明の申請書」を防災対策課までご提出ください。

  • 防災対策課での受付は、平日の午前8時30分から午後5時15分までです。
  • 土日祝日は受付及び発行はいたしませんのでご注意ください。
  • 証明書の発行には時間がかかりますので、余裕をもってお越し下さい。
  • 証明書は料金を精算する料金所ごとに必要です。あらかじめ通行する道路・区間を確定したうえで申請してください。

高速道路通行時の留意事項

  • ETCレーン及びスマートICは通行できません。係員のいるレーンを通行してください。
  • 入口料金所では、通行券を受け取ってください。
  • 出口料金所では、通行券に証明書を添えて料金所係員へ手渡してください。

関連リンク

このページに関するアンケート

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。